* U K I Y A H O N P O *
Nel mezzo del cammin di nostra vita mi ritrovai per una selva oscura,
che la diritta via era smarrita.
リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
浮子屋商店もよろしく。

C#コード断片/2.0/2.0での変更点メモ

Top > C#コード断片 > 2.0 > 2.0での変更点メモ
  • Generic
  • WebBrowserコントロール
  • TextBoxのAutoComplete
  • WebClient
  • Application.EnableVisualStyles()がデフォに
  • int.TryParse()

某所から丸パクリ

※この章はMusi_chan's Blogから丸パクリです。

C#1.1からの既存クラスで、C#2.0になって追加された機能を調べてみた。
とりあえず、対象はSystem.Windows.Forms名前空間のみ。

載せてある変更点は独断と偏見、および偶然の産物(?)なので そのつもりで。
まずは先行して記事にしたRichTextBoxクラスから。

RichTextBox.SelectionBackColorプロパティ

RichTextBox コントロール内のテキストが選択されている場合、そのテキストの色を取得または設定します。

微妙に説明が違う気もするけど、選択した部分の背景色を設定できる。

Control.BackgroundImageLayoutプロパティ

ImageLayout 列挙体で定義された背景イメージ レイアウトを取得または設定します。

あまり使いどころはないけれど、背景画像のレイアウトを設定できる。
「中央表示」とか「並べて表示」とか。
ImageLayout.None指定にすると「上部・左寄せ」になるけど、「下部・右寄せ」も欲しかったかも。

Label.AutoEllipsisプロパティ

Label のテキストが、指定された Label の長さを超えることを示す省略記号文字 (...) を、
Label の右端に表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

わりと嬉しい気がする。
これと排他的に使うのがAutoSizeプロパティ、こっちはサイズの自動調整。

ListView.ItemMouseHoverイベント

マウスが項目の上に置かれたときに発生します。

ありそうでなかったイベント。
これでListViewでもアフォーダンスしやすくなった感じ。
アホの坂田が踊ってるわけじゃないよ!

MenuItem.Tagプロパティ

コントロールに関連付けられたユーザー定義のデータを取得または設定します。

Controlクラスを継承してないから今までなかったけど、追加されて何気に嬉しい。
まぁ、今後はMenuStrip / ToolStripMenuItemクラスを使うだろうから今さらなんだけど・・・。
もちろんToolStripMenuItem.Tagプロパティもあった。

MenuStrip / ToolStripMenuItemクラス

ちょっと趣旨が違うけど。
この新クラス群のおかげで、メニューへのアイコン表示とかが楽になった。

MessageBox.Show()メソッド

オーバーロードされます。 メッセージ ボックスを表示します。

オーバーロードがさらに増えて、[ヘルプ] ボタン付きメッセージ・ボックスが表示可能に。
HelpNavigatorも利用できるから多い日も安心。

ProgressBar.Styleプロパティ

プログレス バーで進行状況を示す方法を取得または設定します。

進行状況の表示を大雑把にしたり、滑らかにしたり。
あとはもういつ終わるか分からないように、ひたすらスクロールさせたり。

StatusStrip / ToolStripProgressBarクラス

ちょっと趣旨が違うけど。
この新クラス群のおかげで、ステータス・バーへのプログレス・バー表示が楽になった。

ToolTip.IsBalloonプロパティ

ツールヒントにバルーン ウィンドウを使用するかどうかを示す値を取得または設定します。

いわゆるバルーン・ヘルプが表示できるようになった。

ToolTip.ToolTipIconプロパティ

ツールヒント テキストの横に表示するアイコンの種類を定義する値を取得または設定します。

そしてついでに、情報アイコンや警告アイコンも併用可。

Shortcut列挙体

MenuItemクラスのショートカット設定に用いる列挙体。
Shortcut.AltRightArrowで「Alt + →(矢印)」となり、矢印が使えるようになった。
ただし残念ながらAltキーとの組み合わせのみ。
まぁ、今後はMenuStrip / ToolStripMenuItemクラスを使うだろうから~ (以下略)。

Keys列挙体

こちらはToolStripMenuItemクラスのショートカット設定に用いる列挙体。
Keys.Rightで「→(矢印)」を表現できる。
さらにメンバ値のビットごとの組み合わせが可能だから自由自在。


このページの最終更新日: 2006/12/04 11:15:51 JST (3766d)
このページのトラックバックURL: http://ukiya.sakura.ne.jp/index.php?tb_id=bd6ae1622bc04ef6f757bbe025581f3e