* U K I Y A H O N P O *
Nel mezzo del cammin di nostra vita mi ritrovai per una selva oscura,
che la diritta via era smarrita.
Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
浮子屋商店もよろしく。

Diff of 伺か関連ツール/SVG-Controler

Top > 伺か関連ツール > SVG-Controler

TITLE:SVGのインストール

* 1.必要な環境 [#l837beda]

SVGは1ゴースト当たり1テキストファイル、1画像ファイルからなりますが、様々なツールで利用する為には、システムにインストールされているSVGの一覧である ghost.txt ファイルが必要となる場合があります。

ghost.txt ファイルを作成するために利用できるのが、SVG-Controler です。

SVG-Controler を動かすには以下の環境が必要となります。

|必須環境|VB6ランタイムがある環境。|

* 2.SVG-Controlerのダウンロード [#d465771b]

SVG-Controlerは、SVGのインストール及び管理をするソフトで、SSTP-Viewerに同梱されています。 まずはSSTP-Viewer's Streetから、SSTP-Viewerをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたら、それを適当なディレクトリ(ここでは c:\svとします)に 解凍します。((SVGの管理に最低限必要なのはSVGControler.exeです。))

* 3.SVG-Controlerの起動 [#u2e8a6cb]

解凍できたら、SVGControler.exeを起動します。 以下のような画面が表示される筈です。

&ref(svc.png,nolink);

* 4.SVGのインストール [#e24a1fc1]

まずはどこかからSVGを入手してください。SVGを入手したら、それを解凍します。 (解凍するディレクトリはどこでもかまいません)

解凍した中身に、[ゴースト名].txtというファイルがあるはずです([ゴースト名]の部分には実際のゴースト名が入る)。 それを、SVG-Controler の右上にある、「Drop SVG here for Install」とある部分(図中の赤丸部分)にドラッグ&ドロップしてください。

これで、そのSVGがインストールできました。 SVG-Controlerを終了すると、以下のような状態になっている筈です。 作成された ghost.txt は他の色々なツールで参照します。

-c:\sv には ghost.txt が作成されている。 
-c:\sv の下に Ghost というサブフォルダが作成されている。 
-c:\sv\Ghost の下に、先程ドラッグ&ドロップした txt ファイルと、アーカイブに一緒に入っていた png ファイルがコピーされている。 

インストールが終わったら、入手したSVGのアーカイブ、及びそれを解凍したファイルは削除してもかまいません。

* 5.その他 [#ka6c80ae]

上記を繰り返すことによって、沢山のSVGをインストールできます。 (複数ファイルのドラッグ&ドロップも可能です)

SVG-Controlerの詳しい使い方については、SSTP-Viewerと同梱のreadmeを読んでください。